それぞれの保育園の違いと、自分が「待機児童」状態に直面した経験から待機児童問題についてまとめましたので、ご参考にして下さい。

認証保育園とは

認証保育園とは

認証保育園とは、待機児童対策として、
東京都が独自の基準を設けて、その基準に合格した保育園のことを、
認証保育園と言います。


東京都認証保育園には、2種類の認証保育園があります。

★A型は★

対象は、0~5歳児で、園児の人数が20~120人

園庭があるか、近くなどの公園に代替の場所があること


経営はほとんどが民間

駅前に設置する場合は、都より開設準備経費の補助が出ます。


★B型★

0~2歳児が対象で、園児の人数は6~29人。

B型の経営は、個人やNPO法人が多いです。


申し込みは、認可保育園と違い自治体ではなく直接保育園に申し込むので、
先着順で入所することができます。


しかし、保育料が一律のために、収入の低い世帯は、
経済的負担が大きくなってしまいます。


園ごとに保育得の質にバラつきがあるようです。


しかし、小さなお子さんを持つ親としては、
このように認証保育園が設置され、
待機児童が減るということは、とても有難いことです。


私の住んでいる自治体では、
認証保育園の制度がなく、待機児童の人数が全国でもワースト1です。


認証保育園を選ぶ際には、しっかりと情報収集が大切かもしれません。


幾ら都の基準を満たしていると言っても、
中にはずさんは保育園もあります。


保育園選びは慎重にしましょう。




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0