それぞれの保育園の違いと、自分が「待機児童」状態に直面した経験から待機児童問題についてまとめましたので、ご参考にして下さい。

待機児童が減らない理由 

待機児童が減らない理由 

少子化なので、保育園の倍率は下がって行っても良いはずなのに、
倍率は下がるところか、上がっていっています。


一番の原因が不景気ではないでしょうか?


不景気で働かなくてはいけない、女性が増えたのではないでしょか?
子どもを育てるには、お金がかかってしまいます。
お金がかからないなら、何人でも子どもは欲しいです!!!


そのほかに、マンション建設の乱立も背景にあると思います。


私の周りでも、大型マンションの建設が相次いでいて、
また、ここにもマンション?というくらい建っています。


マイホームを買う年齢層って、現役の子育て世代が多いですよね?
そうすると、自然と、保育園の入所も増えてきます。


大型のマンションを建設する場合は、保育施設を義務化するなどの、
対策を取らない限りは、根本的な解決にはならないのではないでしょうか?


待機児童が減ると、少子化にも歯止めが効くのではないでしょうか?
大型マンションの建設に何かしらの規制をしないと、
どんどん待機児童は増える一方の様な気がします。


待機児童に関しては、1日も早く早急な対策が必要です!!!
待機児童が過去の問題の様になる日が来ると良いですね。

あ~そういえばそんな事もあってたよねと言える、位になって欲しいです。




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0