それぞれの保育園の違いと、自分が「待機児童」状態に直面した経験から待機児童問題についてまとめましたので、ご参考にして下さい。

待機児童:私たちに出来ること

待機児童:私たちに出来ること

皆さんは、お子さんが待機児童になってしまったからといって、
黙って、入所の決定の連絡を繰るのを待っていませんか?


黙って自宅で待機しているのではなく、
何度も役所に、足を運び問合せをしましょう。


しつこいくらいいとい合わせると、
役所の人も名前を覚えますよね。


役所の人も人間なので、黙って待っている人よりは、
うるさいくらい来ている人のほうを、空が出たら入園させて、
状況を改善しようと思いますよね。


何度言っても空が無いのは分かっていても、
絶対に何度も、足を運んだ方が良いです。


希望の保育園にこまめに園庭開放に通って、
園長に顔を覚えてもらっても、選考には関係ありません。


あくまでも、選考するのは役所なので、
役所に行って、いかに顔を覚えてもらって、
生活に困っているかアピールすほうが絶対に良いです。


とにかく働いていないと、選考の際の優先度が上がらないので、
もし知り合いで、自営の方が居たら保育園が決まるまで、
形だけ、働いているとしてもらったほうが良いです。


役所から、会社絵電話をかけることはほとんどなく、
そういったことも、聞いたことはありません。

会社の社印さえ教えてあれば、
それ以上は、面接後良いあわせるなどはしません。




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0