それぞれの保育園の違いと、自分が「待機児童」状態に直面した経験から待機児童問題についてまとめましたので、ご参考にして下さい。

保育園:面接内容と服装 

保育園:面接内容と服装 

保育園の面接って、どんな感じか分かりませんよね。


まずは服装についてですが、普段着で大丈夫です。


スーツなど着ている人は居なく、
普通にジーンズにトップスの人ばかりです。


逆にスーツを着てくると、浮いてしまうかもしれませんね。


夫婦で、面接に来ている方は当然いません。


気になる面接の内容ですが、
志望動機は、全然聞かれず子どもについての事ばかりでした。


・持病はあるか?
・成長は順調か?

・現在どんなことが出来るか?
(合否に関係は無く、あくまでも、成長の目安として聞かれます)
・食事などについてなど・・・・


中心は、子どもの成長についてです。


そのほかは、保育園入所できなかった場合は、どうするか?
待機児童に登録するか、他の保育園を希望するか?
を聞かれました。


面接を担当するのは、保育園の職員ではなく、
自治体の担当の人が、面接を担当してくれます。


少しオーバー気味に、生活に困っているということを、
アピールしてみましょう。


面接の時間は、人によって違いますが、大体10分前後です。


面接が終ると、あとは合否の結果待ちです


合否は、自治体によって違いますが、
不合格の場合は、2月中に電話での不合格通知、
合格の場合は、3月1日に郵送で合格通知が来ます。


合否が分かるまでは、本当に落ち着かない毎日が、続きます。




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0