それぞれの保育園の違いと、自分が「待機児童」状態に直面した経験から待機児童問題についてまとめましたので、ご参考にして下さい。

待機児童になって変わったこと 

待機児童になって変わったこと 

息子が、2月に待機児童に決定したその日から、
我が家の生活は一変しました。


まず一番に考えたのは、
『これから一年どう過ごそう・・・』
長女は来年1年生になります。


入学準備も出来ない・・・
洗濯の回数も毎日していたのが、2日に一回、
買い物に行っても、普段勝て居たものでも、買うことが出来なくなりました。


家庭内も、心なしか暗くなった気がします。


お互いにストレスが溜まり、夫婦喧嘩も頻繁にするようになりました。


この現状を、自治体の担当者や国のお偉いさんにも居てもらいたかったです。


無認可に預けようと思いましたが、入園の際に3万円の入園金が必要らしく、
我が家にはその3万円さえも自由になるお金がなく、
無認可に預けることも出来ず、途方にくれていました。


保育園に娘をお迎えに行くことも、辛い時期がありました。
息子は保育園さえにも入ることが出来ないんだ・・・と。


先日無事、保育園に空が出て途中入園が決まりました。


途中入園が決まったとの電話を受け取った瞬間、
な無駄が出るほど嬉しかったです。


待機児童が沢山居る中で、途中入園できたのは、
とてもラッキーだと思います。


一人でも、待機児童が減るように願っています。


待機児童のお子さんが居るみなさん、
途中入園できる日が来るまで頑張ってくださいね。




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0