それぞれの保育園の違いと、自分が「待機児童」状態に直面した経験から待機児童問題についてまとめましたので、ご参考にして下さい。

保育園の一日:幼児編

保育園の一日:幼児編

幼児組になると、今までは先生にやってもらっていたことも、
自分たちでしなくてはいけないことも出てきます


給食の準備も、先生のサポートを受けて自分たちでしなくては、
いけなくなってきます。


年長クラスになると、靴箱掃除やお花に水遣り、動物の飼育係など、
様々なお当番活動があります。


9:30  出欠の確認

   ↓
9:45  朝の集会 天気が良い日は、園庭で体操などをします。


   ↓

10:00  課題のあるあそび 毎日日替わりで、様々なことを学びます。

   ↓
 
11:30  給食の準備  自分達で準備をする

   ↓
11:45  給食 食べ物アレルギーにも対応しています。


   ↓

13:00  自由あそび
   ↓

15:00  おやつ

   ↓

15:40  降園準備(持ち物整理)

   ↓

16:00  順次降園(自由あそび)

   ↓

17:00  長時間クラスへ
   ↓

18:00  延長クラスへ移動

 

英語や習字なども教えてもらえるんですよ。


年中くらいになると、字の勉強もし始めます。


以前は保育園では、お勉強はしない所も多かったようですが、
最近ではほとんどの保育園で、
ある程度文字などの勉強を教えてもらえるようになりました。


のびのびお子さんを育てないなら、
断然保育園の方が、のびのびした子育てができます。


皆さんは保育園と幼稚園のどちらを選びますか?




Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0